スポンサーサイト

  • 2011.07.21 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


一夜限りのヘルシーライフ復活祭!!!第1回単独ライブ!!!

大黒:お久しぶりです!!!いよいよやって来ました!!!もう無駄な前置きはいらないですね(笑)


それでは(↓)よりどうぞ!!!


http://www.geocities.jp/morg21magun/liver/0024/0.html


漫才「大黒格闘物語」

 大黒:どうも!ヘルシーライフです。


西岡:体に優しい漫才をあなたに!ヘルシーライフです!


大黒:今日も元気にヘルシーに頑張りましょう!


西岡:今日はお前が主人公のアクション映画を書いてきたぜ!


大黒:早い早い!まだ何も言ってねえだろ!


西岡:じゃあ早速本編に入るぞ。


大黒:まあいいや・・・聞かせてくれよ。


西岡:まず主人公はお前な。お前は日夜悪の組織と戦っているんだ。


大黒:おお!何かいい感じじゃん!


西岡:昼は普通のサラリーマン。しかし夜は・・・


大黒:夜は・・・?


西岡:ガソリンスタンドで働いているのだ!


大黒:ただのバイトじゃねえか!そこは悪の組織と戦えよ!


西岡:そしてそんなお前にも婚約者がいる。


大黒:おお!どんな人だよ?!


西岡:名前はマリア。


大黒:え?外国人なの?


西岡:そう。でも最近来日したばかりでまだ日本語は覚えていないんだ。


大黒:そっか・・・


西岡:でも最近覚えた日本語は1つだけある。


大黒:何だよ?!


西岡:「ソッチカーイ!」


大黒:何覚えてんだよ!もっとほかに覚えるべき言葉があるだろ!


西岡:そしてお前が戦う悪の組織、「ゴッドカルボナーラ」。


大黒:すげえおいしそうな名前だな!


西岡:ボスのペペロンチーノはとても冷酷な男として有名だ。


大黒:またパスタかよ!


西岡:そんなある日、大黒とマリアは遊園地デートに出かけた。


大黒:いいじゃん!たまにはこう悪の組織のことも忘れてさ〜


西岡:しかしここでもペペロンチーノの罠が仕掛けられていた!


大黒:マジかよ!


西岡:それは大黒とマリアがホットドッグを食べていた時だ!


大黒:まさか中に毒が・・・


西岡:「うっ!何だこれ!ケチャップ入れすぎだろ!」大黒の服にケチャップが飛び散った!


大黒:どんな罠だよ!何てショボいんでしょ!


西岡:その様子を見て着ぐるみの中でほくそ笑むペペロンチーノ。


大黒:どこにいるんだよ!まさか俺を狙ってるのか・・・?


西岡:そう!ペペロンチーノは着ぐるみを着て風船を配るアルバイトをしながら大黒をつけているのだ!


大黒:お前もバイトかよ!かっこ悪いよ!


西岡:さらにペペロンチーノの罠は大黒を苦しめる!


大黒:今度こそまともな罠だろうな?!


西岡:「マリア、今度はお化け屋敷に行こうか?」「すいません、こちらはただいま2時間待ちです。」


大黒:あ〜やっぱり人気あるんだな。


西岡:「じゃあ・・・ジェットコースターに乗ろうか?」「すいません、こちらも2時間待ちです。」


大黒:これも人気あるからな〜


西岡:「じゃあ・・・観覧車は?」「こちらも2時間待ちです。」


大黒:ちょっと待てよ!何でどれもそんなに並んでいるんだよ!


西岡:「フフフ・・・さあ苦しむがいい!大黒よ!ハハハ・・・」


大黒:これも罠かよ!もうちょいマシな罠はないのか!


西岡:「フフフ・・・次はソフトクリームに毒を仕込んでやったぞ・・・」


大黒:何で先に言うんだよ!


西岡:「ふぅ〜それにしても暑いな〜」ペペロンチーノは着ぐるみをかぶった。


大黒:今着ぐるみ取った状態で言ったの?完全にバカだろ!


西岡:「じゃあマリアの大好きなソフトクリームでも食べようか?」


大黒:何でよりによって食べるんだよ!揃いも揃ってバカだろ!


西岡:「おいしいね〜・・・うっ!う〜」


大黒:ほら!何やってんだよ!


西岡:「とってもおいしいな〜!」


大黒:マジかよ!


西岡:「何?あの毒が効かないだと・・・」悔しがるペペロンチーノ。


大黒:どういうことだよ!


西岡:「あの茶色さと甘みは間違いなく毒だろうが!」


大黒:これってチョコレートだよな!何ちょっとおいしくしてんだよ!


西岡:「ソッチカーイ!」


大黒:マリアの的確なツッコミ!タイミングが良すぎ!


西岡:「おじさ〜ん!何でさっきから風船くれないの?」


大黒:ペペロンチーノはちゃんと仕事しろ!


西岡:そしてついにペペロンチーノはマリアをさらった!


大黒:マジかよ!何だこの急展開は?!


西岡:ペペロンチーノはジェットコースターにマリアを乗せてさらっていった!


大黒:もうちょっとやり方考えろ!普通はゲートからだろ!


西岡:「ソッチカーイ!」


大黒:マリアも何ツッコんでんだよ!


西岡:その頃大黒は・・・「やっぱり遊園地は楽しいな〜」


大黒:何楽しんでんだよ!ちゃんと探せよ!


西岡:そしてついに大黒はペペロンチーノのアジトを突き止めた!


大黒:よ−し!早速突撃だ!


西岡:(ウィーン)(ウィーン)(ウィーン)(ウィーン)・・・


大黒:いくつ自動ドアがあるんだよ!いい加減中に入れろよ!


西岡:その時部屋の中から声が!


大黒:おお!ここにマリアがいるんだな!


西岡:大黒がドアを開けるとそこには・・・「お前ら!それでも受験生か!入試は戦争だー!」


大黒:ここどこだよ!


西岡:大黒は間違えて2階の進学塾のドアを開けてしまった!


大黒:すいませんでした!今度こそ!


西岡:「ていうか〜部長のセクハラひどくない?」


大黒:また間違えたのかよ!


西岡:大黒は間違えて3階のオフィスの給湯室のドアを開けてしまった!


大黒:今度こそ!「キャー!やめてー!」


西岡:大黒は間違えて4階のペペロンチーノのアジトのドアを開けてしまった!


大黒:いやここで正解だよ!


西岡:「フン!そんな風にしてられるのも今のうちよ!もうすぐ私の恋人の大黒君が助けにくるんだから!そうなればあんたも年貢の納め時ね!覚悟しなさい!」マリアの威勢のいい声が聞こえてきた。


大黒:どんだけ日本語ペラペラなんだよ!さっきまで「ソッチカーイ!」とか言ってたくせに!


西岡:「キャー!やめてー!」


大黒:クッソー!マリア!今助けるからな!


西岡:「キャー!やめてー!」「はい。オッケーです。では結果は明日お送りしますので。」


大黒:何だこれ?!


西岡:大黒は間違えて劇団のオーディション会場に入ってしまったのだ!


大黒:やっぱり間違えてたのかよ!


西岡:「ソッチカーイ!」


大黒:いやマリアは出てくるな!もういいよ!


2人:どうもありがとうございました!

続きを読む >>

漫才「オオグローX」

大黒:どうも!ヘルシーライフです。


西岡:体に優しい漫才をあなたに!ヘルシーライフです!


大黒:今日も元気にヘルシーに頑張りましょう!


西岡:今日はどうしたんだ?また何かにはまってるのか?


大黒:実は最近巨大ロボットアニメにハマってるんだよ!


西岡:いいじゃん。


大黒:あれ?今日は脚本書いてないの?


西岡:いつまでも俺がそんなことをすると思ったら・・・書いてきたよ!


大黒:書いてきたのかよ!早く聞かせてくれよ!


西岡:じゃあまずはタイトルから。タイトルは「オオグローX」!


大黒:いい感じじゃん!


西岡:次に登場人物。まずは主人公の大黒。


大黒:俺だな?!


西岡:特になし。


大黒:ねえのかよ!何かあるだろ!


西岡:そして大黒を支える良きパートナーで大黒の幼なじみのバカ美。


大黒:何てお名前だよ!


西岡:バカ美はIQ150の頭脳を持ち、瞬時に相手の情報を分析することで大黒を助けるのだ!


大黒:名前とのギャップ!


西岡:そんなバカ美の口癖は「私を操縦しちゃダメよ!」


大黒:バカだろ!何てこと言うんだよ!


西岡:そんな平和な町に怪獣が現れた!


大黒:出たな!


西岡:泣き叫ぶ女性達、悲鳴を上げる女性達、嫉妬に狂う男たち・・・


大黒:最後おかしいけど!いったいどんな怪獣なんだ?


西岡:「う〜ん・・・体表面の組成成分は地球人と同じね。たぶん私たちと同じ種族ね。」


大黒:バカ美の分析力!すげえな!


西岡:「あ!種族名がわかったわ!」


大黒:マジかよ!?


西岡:「えっと・・・ヒト科ね・・・名前はシュン オグリ。」


大黒:小栗 旬かよ!ただ芸能人が来ただけかよ!


西岡:「俺よりかっこいいなんて・・・許せん!」大黒は怒りに燃えていた。


大黒:怒るポイントが違うだろ!


西岡:「大丈夫。大黒君の方がかっこいいよ。」バカ美はすかさずフォローした!


大黒:バカか!変にイチャイチャするな!ちゃんとした怪獣出せよ!


西岡:と、その時!「イヤ〜!」どこからともなく女性の悲鳴が・・・


大黒:今度こそ怪獣だな!


西岡:「うちの子が・・・」


大黒:まさか子供が・・・?許さねえ!


西岡:「ダダっ子になっちゃった!どうしましょう!」


大黒:そんなことかよ!


西岡:「この怪獣はいわゆるダダゴンね。」


大黒:それっぽい名前はつけなくていいよ!


西岡:「どうすればいいのかしら・・・?」さすがのバカ美も悩んでいた・・・


大黒:とにかく泣きやませろよ!


西岡:「そうだ!これをあげる。」バカ美はオオグローXをダダゴンにあげた。


大黒:バカか!俺どうやって戦うんだよ!?


西岡:「そこは気合と根性と愛と友情と汗と体臭よ!」


大黒:何でちょっと青春ぽいんだよ!それに最終的に汗臭くなってんだろ!


西岡:そしてついに怪獣が現れた!


大黒:タイミングが急すぎるんだよ!


西岡:「大黒君!左舷10時の方向より高エネルギー反応よ!体表面の組成成分より地球外の成分が検出されたわ!
このことから判断すると地球外生命体、つまり怪獣よ!」バカ美からの情報だ。


大黒:だから名前とのギャップ!どれほどの分析力をお持ちなんだよ?!


西岡:そして地球防衛軍が出動する!「いらっしゃいませ!よろこんで!」


大黒:お前ら居酒屋か!ちゃんと迎え撃てよ!


西岡:さっそく地球防衛軍自慢の武器が炸裂する!


大黒:おお!何か強そうじゃん!


西岡:まずは生卵を投げつけた地球防衛軍!


大黒:どんな攻撃だよ!そんなにダメージ与えられねぇだろ!


西岡:続いてはお通しだ!


大黒:何ご注文の品を出してんだよ!


西岡:最後は「お前の母ちゃん出ベソ!」


大黒:何だこの地球防衛軍!役立たずか!


西岡:そしていよいよ「オオグローX」の出番だー!


大黒:よーし!行けー!


西岡:「行くわよー!」バカ美がスイッチを探す!


大黒:何で探してんだよ!


西岡:探す!探す!ひたすらスイッチを探すバカ美!


大黒:バカかよ!早く見つけろよ!


西岡:「これよ!行っけー!」バカ美は思いっきりブレーカーを下げた!


大黒:何してんだよ!止まっちまうよ!


西岡:そして町に怪獣がやってきた!


大黒:いよいよだな。


西岡:「ギャース!」怪獣が叫ぶ。「ちょっとうるさいわよ!今何時だと思ってるのよ!」


大黒:この人誰だよ?!


西岡:近所でも有名な迷惑なおばさんだ。


大黒:そんなやつ出てくるなよ!


西岡:「何てところに出てくるんだ!これは日照権の侵害だ!」


大黒:このちょっと真面目なやつ誰だよ!


西岡:近くに住む市民団体だ。


大黒:俺の近くこんなやつばかりかよ!


西岡:「ちょっと!私を操縦しちゃダメだぞ♪」


大黒:バカ美はどっか行けよ!


西岡:怪獣と戦うオオグローX!


大黒:よーし!頑張るぞー!


西岡:しかし怪獣は予想以上に強かった!オオグローX大ピンチ!


大黒:クッソー!負けるかー!


西岡:その時町のみんなの声援がこだまする。


大黒:みんな・・・


西岡:「頑張れー!」「負けないでー!」「行っけー!」


大黒:俺は・・・俺はみんなのために頑張るぞー!


西岡: 「ちょっと!早く終わらせなさいよ!夕飯の準備があるのよ!」


大黒:近所のおばちゃんはどっか行け!


西岡:「市長の横暴を許すな!」


大黒:市民団体もどっか行け!


西岡:「もし勝ったら私を操縦してもいいよ♪」


大黒:バカ美はちょっと黙ってろよ!もっとちゃんと応援しろよ!


西岡:そしてついにオオグローXは怪獣を倒した!


大黒:やったー!


西岡:「おめでとう!大黒君!今度は・・・私を操縦してね♪」


大黒:だからそれはヤダよ!


西岡:次回はバカ美に乗って戦え!オオグローX!


大黒:もういいよ!


2人:どうもありがとうございました!


漫才「おでんの屋台」

 大黒:どうも!毎度おなじみの大黒です!今回は久々にシンプルな漫才です。



大黒:どうも!ヘルシーライフです。


西岡:体に優しい漫才をあなたに!ヘルシーライフです!


大黒:今日も元気にヘルシーに頑張りましょう!


西岡:ちょっと聞いてくれよ!俺ついにやりたい仕事を見つけたんだよ!


大黒:何だよ?


西岡:おでんの屋台。


大黒:は?何?どういうこと?


西岡:だからおでんの屋台を引いて世間に負けたサラリーマンを励ましたいんだよ!


大黒:何てお仕事だよ!ハローワークもびっくりだよ!


西岡:でも子供の憧れの仕事で今年の1位だったぜ!


大黒:マジかよ!どんな子供にアンケートしたんだよ!?


西岡:とにかくお前は世間に負けたサラリーマンをやってくれ。


大黒:何かやる気しないけどまあいいや・・・

 


西岡:お客さん、そんなに飲まない方がいいですよ。


大黒:うるせえ〜!オヤジ!もう1杯!


西岡:仕方ないですね・・・はい、おでんのダシです。


大黒:何飲ませてんだよ!のどが渇いて仕方ないよ!


西岡:まあお客さんの心も渇いてますよね・・・


大黒:上手く言わなくていいよ!


西岡:それにしてもダシがないと困りますよ〜お客さん!


大黒:そんなに飲んでねえよ!ちゃんとやれ!


西岡:それにしてもお客さん、そんなに暗い顔してどうしました?


大黒:いや、実はね・・・今日会社をクビになっちまってさ・・・


西岡:あ!いけね!電球が切れてたよ!


大黒:そういう意味で暗いんじゃねえよ!イヤな事があったんだよ!


西岡:それにしてもお客さん、ちょっと飲みすぎなんじゃ?


大黒:うるせえ!別にいいだろ?!俺の勝手だ!


西岡:でもそんなにお酒をドリンクするとボディにポイズンですよ。


大黒:お前はルー大柴か!


西岡:いやいやミーはルーじゃノーですよ!


大黒:ヘタクソか!もっと上手く使えよ!


西岡:それよりもうちのおでん食べて下さいよ。


大黒:そうだな・・・何か食うかな。


西岡:うちのおでんはおいしいですよ!1番人気は何と言っても大根!


大黒:じゃあそれをもらおうかな。


西岡:さらにこんにゃくでしょ。それに糸こんにゃく、玉こんにゃく、あとはこんにゃく芋もありますよ!


大黒:ほとんどこんにゃくじゃねえか!最後に至っては芋だし!


西岡:それよりもお客さん、いったい何があったんですか?


大黒:別に何もねえよ。


西岡:教えて下さいよ〜


大黒:あんたには関係ないだろ!


西岡:ねえ〜教えてよ〜


大黒:お前どこのなれなれしい彼女だよ!


西岡:あたしたちの間で隠し事はダメでしょ?


大黒:彼女か!


西岡:教えられないってことは・・・まさか別に女がいるの・・・?


大黒:彼女か!わかったよ!全部話すから!


西岡:いったい何があったんですか?


大黒:実は会社を辞めたんだよ。


西岡:そうなんですか・・・


大黒:ああ。うちの上司があーだこーだ言ってくるんだよ・・・それに耐えれなくなって・・・


西岡:私もその気持ちはわかりますよ。


大黒:そうなんですか?


西岡:ええ。うちも客があーだこーだ言ってくるんですよ。


大黒:そりゃそうだろ!


西岡:もう何度キレかけたことか・・・


大黒:あんた屋台向いてねえよ!


西岡:まあまあ・・・おでんでも食べて落ち着いてください。


大黒:悪いが今日はそんな気分じゃないんだ。


西岡:どういうことですか?


大黒:俺は死ぬんだよ。この睡眠薬でな・・・


西岡:お客さん!バカ言っちゃいけませんよ!


大黒:止めないでくれ。本気なんだ。


西岡:お客さん!1ついいですか?


大黒:何ですか?お説教はごめんだぜ。


西岡:いや、薬を飲むなら酒より水の方がいいかと・・・


大黒:別にどうでもいいよ!お心遣いありがとよ!


西岡:なんならそこの水道で汲んできましょうか?


大黒:いい人か!


西岡:そこのコンビニでミネラルウォーター買ってきますね!


大黒:だからいい人か!


西岡:なんならこれから山に行って汲んできましょうか?


大黒:すげえいい人か!もういいよ!俺はこの睡眠薬で・・・


西岡:睡眠薬?もしかして寝れないんですか?


大黒:違うよ!これから死ぬの!


西岡:それは枕が原因かもしれないですね・・・


大黒:違うって!


西岡:じゃあ・・・私が子守唄を歌いましょうか?


大黒:子供か!


西岡:枕元で絵本なんかどうですか?


大黒:だから子供じゃねえよ!とにかく俺は憎い上司を殺して俺も死ぬんだ!


西岡:ちょっと待ったー!お客さん、何か大事な事を忘れてませんか?


大黒:何だよ?もうお説教は聞かないぜ。


西岡:死ぬ前にお勘定を・・・


大黒:空気読めよ!いい加減にしろ!


2人:どうもありがとうございました!


漫才「人助けをしたい2」

大黒:今回は2本同時公開です!まずは1本目どうぞ!




大黒:どうも!ヘルシーライフです。


西岡:体に優しい漫才をあなたに!ヘルシーライフです!


大黒:今日も元気にヘルシーに頑張りましょう!ちょっと聞いてくれよ!


西岡:どうしたんだよ?


大黒:実は学生時代にやり残したことがあるんだよ。


西岡:何だよ?


大黒:いじめられてるやつを助けたかったんだよ!


西岡:何?好感度上げるつもり?


大黒:違うよ!


西岡:もしくは不快指数を上げようとしてるのか?


大黒:んな訳あるか!


西岡:まあもともと高いからいいんじゃない?


大黒:どういう意味だよ!それより俺はいじめられてる子を助けたいの!


西岡:わかったよ。じゃあ俺がいじめられてるカメをするからお前は助けにきてくれ。


大黒:浦島太郎か!もう普通にいじめられてる奴をやってくれ。


西岡:わかった。まあいじめられるのは慣れてるからな・・・


大黒:重いよ!そんなこと言うなよ!いいから早くやれよ!

 


西岡:おい!ちゃんとやれよ!ああ?俺様の言うことが聞けねえのか?


大黒:ちょっと待てよ!そんなことやめろよ!


西岡:ちゃんとそのババアに席譲れや!コラ!


大黒:ちょっと待てよ!何いいことしてんだよ!


西岡:おい!ババア!もうすぐ席空くからな!


大黒:言動と行動のギャップ!


西岡:何?すぐ近くだからいいだと?遠慮すんじゃねえぞ!コラ!


大黒:ちょっと気使われてんじゃねえか!お前ちゃんとやれよ!


西岡:ちょっと!これは何だい?


大黒:おい!待てよ!


西岡:まったく・・・掃除は出来ない、料理はしょっぱい・・・あんたは何て嫁だろうね・・・


大黒:何で嫁イジメなんだよ!止めた俺は亭主か!


西岡:あ!ちょうどいい所に来た!ちょっと聞いとくれ・・・


大黒:だから亭主じゃねえよ!もうちゃんとやれよ!


西岡:おい!お前〜早く出せよ〜


大黒:ちょっと待て!お前そこで何を・・・


西岡:早く俺のこと好きか結論出せよ!


大黒:何で告ってんだよ!お邪魔してすいません!


西岡:でもお前がどんな結論出しても俺達はずっと友達だぜ。


大黒:かっこいい!何か俺が余計じゃん!ちゃんとやれよ!


西岡:ほら!早く出せよ!


大黒:ちょっと待てよ!お前そこで何を・・・


西岡:早くお前の肝臓出せよ!


大黒:お前は何を要求してんだよ!?


西岡:お前の肝臓があれば俺の母さんが助かるんだよ!


大黒:だから何でおれはいつも間が悪いんだよ?!ちゃんとやれよ!


西岡:ほら!早く出せよ!


大黒:ちょっと待て!お前何を・・・


西岡:早く出せ・・・うわ!何でドロー4なんだよ!最悪じゃん!


大黒:何でウノで盛り上がってんだよ!?ちゃんと金を要求しろよ!


西岡:おい!お前金出せよ!


大黒:待て!お前何をしている!


西岡:このATM壊れてんだろ!


大黒:ATMかよ!人を相手にしてくれよ!


西岡:おい!お前金出せよ!


大黒:待て!お前何をしている!


西岡:何だ?!お前は?


大黒:そんな風に金を奪うとは卑怯だぞ!


西岡:お前も丸腰の俺相手に武器を向けるとは卑怯だぞ!


大黒:俺何してんだよ!最低じゃねえか!


西岡:よく見りゃナイフに拳銃、バズーカやビーム砲もあるだろ!


大黒:俺はどんだけやる気満々なんだよ!


西岡:まあこの場合の「やる」は「殺る」だけどね。


大黒:うるせえよ!ちゃんとやれよ!


西岡:じゃあとりあえずあなたとあなたを殺りますね。


大黒:そうじゃなくて!ネタをちゃんとやれよ!


西岡:おい!お前ちゃんとやれよ!わかってんのか?


大黒:おい!お前そこで何をしている?!


西岡:いいかね?まずこの書類の誤字を直す、それにこの資料をコピーしてくれ、それにお茶も頼むよ。


大黒:お前はどこの上司だよ?!


西岡:それに君のお尻もちょっとだけ・・・


大黒:やめろ!この変態が!もうちゃんとやれよ!


西岡:じゃあ早速このエロ上司を殺りますか?


大黒:そうじゃねえよ!いい加減にしろ!


2人:どうもありがとうございました!


漫才「進め!大黒探検隊!」

大黒:どうも!ヘルシーライフです。


西岡:体に優しい漫才をあなたに!ヘルシーライフです!


大黒:今日も元気にヘルシーに頑張りましょう!


西岡:ちょっと俺の話を聞けよ!何も悪いようにはしないからさ!


大黒:お前はどんな話をご提供しようとしてんだよ!


西岡:いや〜最近テレビでジャングル探検とかやってるじゃん!


大黒:あ〜何か謎の生物を追え!とかやってるよな。


西岡:そういう番組のナレーションをやってみたいんだよ!


大黒:あ〜いいんじゃない?


西岡:というわけで「進め!大黒探検隊!」の始まり〜!


大黒:ちょっと待て!俺が隊長なの?


西岡:うん。それでお前はジャングルに行って地元のグルメを味わって温泉に入ってリポートして・・・


大黒:何でちょっと旅番組入ってんだよ!ジャングルらしさ0だよ!


西岡:じゃあ謎の生物を探し出して捕獲する。これでどうだ!


大黒:それでいいよ!


西岡:では大黒探検隊のメンバーを紹介するぞ!


大黒:おう!


西岡:まずは犬。そして猿にキジ。


大黒:おい・・・このメンバーってまさか・・・


西岡:そして謎の生物を倒しに鬼が島へ行く!


大黒:これ完全に桃太郎だよな!もっと人間を仲間にしろよ!


西岡:じゃあまずは通訳の鈴木さん。この人はもう世界のあらゆる言語を操るの。


大黒:すげえじゃん!


西岡:もう日本語から関西弁、名古屋弁、土佐弁に東北弁もペラペラなんだよ!


大黒:うん。すごいけど全部日本語だろ!外国語は?!


西岡:次は狩りの名手の佐藤さん。この人にかかれば何でも狩れちゃうの!


大黒:これもすごいじゃん!


西岡:佐藤さんに言わせれば今まで狩った1番の獲物は・・・


大黒:何だよ?


西岡:・・・奥さん。


大黒:うるせえよ!散々ためておいて何だよその答えは!期待させやがって!


西岡:そして最後にアサミちゃん。


大黒:彼女は?


西岡:え?お前の娘だよ。


大黒:何だよその設定!


西岡:彼女はお前のことが超嫌いなの。もう食べちゃいたいぐらいなの。


大黒:意味わからねえよ!矛盾がはなはだしいよ!


西岡:さっそくこのメンバーでジャングルに出発だー!


大黒:先行き不安だよ・・・不安しかねえよ!

 


西岡:早速ジャングルに着いた大黒たち。


大黒:よーし!頑張るぞー!


西岡:そこで大黒たちは謎の巨大生物の噂を聞く。


大黒:どんな噂だよ?!


西岡:「何でもその生物は頭に角が生えていて、体は赤い。」


大黒:なんか怖そうだな。


西岡:「それに来年のことを言うと笑う。あと毎年2月3日には大豆をぶつけられる。それに・・・」


大黒:完全に鬼だよな!後半はもはや鬼の説明だよな!桃太郎は忘れろよ!


西岡:しばらく歩くと大黒たちは村を見つけた。


大黒:誰かいそうだな。


西岡:そして原住民を見つけた。大黒たちは早速彼らに話かけることにした。


大黒:でも言葉は・・・?


西岡:ここは鈴木さんの出番だよ!


大黒:大丈夫か?


西岡:ここからは鈴木さんの通訳でお送りするからな。


大黒:ああ。


西岡:「ああ!あの巨大生物か!見たことはないけどすげえらしいな。」


大黒:そうなんだ。


西岡:「あいつは本当におっかないぞ!やめとけ!やめるなら今のうちだぞ!」


大黒:いやここでやめるわけにはいかないぞ!


西岡:「悪いことは言わない。早く帰れ!」


大黒:いやだから帰らないって!


西岡:「ていうか〜このあと友達とカラオケ行くんだけど!」


大黒:何で娘のセリフも訳してんだよ!


西岡:「まあ・・・今までで一番大きかった獲物は・・・妻でしたね。ハハハ・・・」


大黒:佐藤さんも訳さなくていいよ!


西岡:その時!大黒は謎の物体を拾った!


大黒:おお!何だ?


西岡:その物体は四角い形状で何やら数字がたくさん書かれていた!


大黒:まさか何かの暗号・・・?それが謎の生物の手がかりに・・・


西岡:そして謎のアルファベットが書かれていた!


大黒:何て書いてあったんだよ?


西岡:アルファベットで「i・p・h・o・n・e」と書いてあった!


大黒:それi‐phoneだよ!何でこんな所に落ちてんだよ?!


西岡:「あ〜!それ私のじゃん!ちょっと!パパの汚い手で触らないでよ!」


大黒:娘のかよ!まぎらわしいんだよ!


西岡:「え〜今のを訳すと・・・」


大黒:別に訳さなくていいよ!


西岡:「まあ私の手も狩りが終わった後は血で汚れてますけど・・・」


大黒:佐藤さんのキャラの幅!どうなってんだよ!


西岡:娘に嫌われた大黒。


大黒:ヤダよ!何かテンション下がるわ!


西岡:そうこうしてると長老の家に案内された。中はとても広く床には大理石。玄関には虎の皮のマット。さらに・・・


大黒:どこの大富豪だよ!もっとそれらしい家に住ませてやれよ!


西岡:じゃあ段ボールの家に・・・


大黒:極端か!普通草で出来た家なんだよ!


西岡:「フォフォフォ・・・あんたらか?あのピーちゃんを捕まえに来たのは?」


大黒:ピーちゃんって何だよ?!


西岡:え?お前らが探してる謎の巨大生物だろ?


大黒:何てお名前だよ!テンション下がるわ!


西岡:「しかしピーちゃんは本当に凶暴だから気を付けたほうがいい。」


大黒:何か怖くないように聞こえるわ!


西岡:「時にはワシらを襲うこともある。だから毎年この村では若い娘を生け贄として差し出すのだよ。」


大黒:マジかよ!?


西岡:「しかも今年はワシの娘の番なんだよ・・・それもちょうど明日なんだよ。」


大黒:そうなの?


西岡:「そこでワシからお願いがある。聞いてくれんか?」


大黒:まあ・・・どうしようかな・・・?


西岡:「そのi-phoneをちょっとだけ触らせてくれんか?」


大黒:そんなお願いかよ!もっと空気読めよ!


西岡:「実は・・・娘の代わりに生け贄になってくれんか?」


大黒:う〜ん・・・


西岡:隊長・大黒の答えは・・・?「じゃあ・・・うちの娘をどうぞ。」


大黒:最低か!何て親だよ!


西岡:「私?絶対ヤダよ!」「そう言うな。引き受けたらお前の欲しいものを何でも買ってやるぞ!」


大黒:とことん最低か!物で釣るなよ!


西岡:「じゃあ・・・いいよ♪」


大黒:いいのかよ!


西岡:そして翌日・・・いよいよ大黒たちの冒険もクライマックスに差し掛かろうとしていた・・・


大黒:いよいよだな。


西岡:「よ〜し!何としても謎の巨大生物を捕まえるぞ!」


大黒:そうだ!頑張るぞ!


西岡:その頃生け贄のアサミは・・・「もう本当にパパとかダルビッシュなんですけど〜キャハハ・・・」


大黒:どんだけ余裕だよ!


西岡:「お?俺ってダルビッシュなの?やったー!」テンションの上がる大黒。


大黒:いや違う意味だから!


西岡:「今の発言を訳すると『お父さんって超ダルいよね〜』です。」


大黒:鈴木はもうちょいちゃんと仕事しろや!


西岡:「そうなのか・・・」へこむ大黒。


大黒:そりゃへこむよな!


西岡:「まあまあ。私が娘さんのハートを射抜きましょうか?妻の時のように?」


大黒:佐藤はちょっと黙ってろよ!


西岡:その時!どこからともなく荒い息使いが聞こえてきた!「ハッハッハッ・・・」


大黒:まさか・・・現われたのか?


西岡:「ハッハッハッ・・・ゲホゲホ・・・ウェー」


大黒:結構息切れしてるじゃねえか!


西岡:「はあ・・・この年ではキツいな・・・」


大黒:しゃべった!謎の巨大生物のくせに!


西岡:そしてついに謎の巨大生物が正体を現した!


大黒:その正体は・・・


西岡:「フォフォフォ・・・ワシじゃよ。ワシ。」長老だった。


大黒:長老かよ!何してんだよ!


西岡:「いや〜若い娘を見るとワシのジャングルが雨季に入るんじゃよ。」


大黒:下ネタかよ!しかもわかりにくいし!


西岡:こうして大黒たちは謎の巨大生物の捕獲に失敗した。


大黒謎でも巨大でもねえだろ!何だよこれは!


西岡:さらにもう1つ大事なものを捕獲するのに失敗した!


大黒:それは何だよ?


西岡:娘のアサミのハートだ。


大黒:うるせえよ!いい加減にしろ!


2人:どうもありがとうございました!

続きを読む >>

漫才「大黒恋物語3」

大黒:どうも!久しぶりの新ネタです!じっくりどうぞ!




大黒:どうも!ヘルシーライフです。


西岡:体に優しい漫才をあなたに!ヘルシーライフです!


大黒:今日も元気にヘルシーに頑張りましょう!ちょっと聞いてくださいよ!


西岡:どうしたんだ?


大黒:いや〜最近またドラマにハマっちゃってさ〜


西岡:またかよ!もういい加減に沼にはまれよ!


大黒:意味がわかんないよ!とにかく最近はこうドロドロした恋愛ドラマにハマってるんだよ!


西岡:あ〜お前にとってもお似合いだな!


大黒:え?俺に?いやいや全然そんなことないだろ?


西岡:何言ってんだよ!お前だって血液ドロドロだろ?


大黒:確かにそうだけど!そんな不健康そうなドラマ誰も見ないよ!


西岡:とにかく今日はお前が主人公のドロドロした恋愛ドラマを書いてきたぜ!


大黒:マジかよ!早速聞かせてくれよ!


西岡:まずはタイトルな。タイトルは「大黒恋物語」。


大黒:そのまんまかよ!


西岡:でもサブタイトルは自信あるんだよ!


大黒:どんなの?


西岡:「美人3姉妹との恋の行方は!?そして起こる謎の事件!果して大黒はこの事件を解けるか・・・?」


大黒:なんでちょっとサスペンス要素入ってるんだよ!いいから本編!


西岡:まずは登場人物の紹介。主人公はお前な。


大黒:おう。


西岡:お前はとにかく貧乏なんだよ。もうめちゃくちゃ貧乏なの。とにかく貧乏なの!


大黒:わかったよ!そこまで言わなくていいよ!


西岡:もう税金取るのもかわいそうなぐらいの貧乏。


大黒:すげえな!それよりもっと詳しい設定を教えてくれよ!


西岡:まず家はなくて公園で生活してる。いわゆるホームステイだな。


大黒:ホームレス!誰も異国で生活してねえよ!


西岡:いや、ホーム捨ていな。


大黒:うるせえよ!


西岡:あと服の代わりに新聞紙をまとっている。


大黒:もう完全に変態だろ!


西岡:そこからついた異名が「歩く3面記事」。


大黒:何かいろんな意味が含まれてるな!


西岡:それに服のコレクションはすごいぞ!なんせ365着はあるからな。


大黒:それはただ単に1年分貯めてるだけだろ!


西岡:あとは状況によってスポーティーな感じも出せる。


大黒:スポーツ新聞な!いいから俺の相手を紹介してくれよ!


西岡:恋人はミツコっていう女性でこの人は超金持ちなの。


大黒:すげえな!


西岡:しかしミツコには許嫁がいた。


大黒:マジかよ!


西岡:名前はスケベ エロ男。


大黒:どんな名前だよ!


西岡:彼は「スケベフーズ」の社長をしている。


大黒:名前からして絶対もうからないよな!


西岡:この会社はミツコの会社のお得意様なんだよ。


大黒:わかったからそろそろ本編に入ってくれ。


西岡:じゃあまずは出会いのシーンな。


大黒:おう。


西岡:街を歩いていた大黒は突然後ろから声をかけられた。


大黒:それがミツコだな。


西岡:「ちょっと君!何だその格好は?!ちょっと署まで来てもらおうか!」


大黒:何で警察なんだよ!確かにあんな格好じゃまずいよな!


西岡:いや今日は読売だから大丈夫だと思ったんだけど・・・


大黒:そういう問題じゃねえよ!普通は落とし物を拾うんだよ!


西岡:「あ、あの・・・これ落としましたよ!」「ありがとうございます。」


大黒:おお!いい感じだよ!


西岡:「この電池あなたのですよね?」


大黒:何を落としちゃってんだよ!


西岡:「は・・・い・・・ピー・・・プシュー・・・」


大黒:何でミツコはロボットなんだよ!


西岡:僕の彼女はサイボーグ。


大黒:うるせえよ!それだと話変わってくるだろ!


西岡:「お嬢様の秘密を知った以上お前さんに悪いが死んでもらおう。」


大黒:この物騒なやつ誰だよ!ていうか普通はハンカチだろ!


西岡:「あの・・・このハンカチあなたのものでは?」


大黒:そうだよ!それでミツコが・・・


西岡:「私の秘密を知った以上お前さんに悪いが死んでもらおう。」


大黒:だからこいつじゃねえよ!ミツコと出会わせろよ!


西岡:そして大黒とミツコは出会い互いに惹かれあい恋に落ちた。


大黒:いいよ!いいよ!


西岡:しかし二人の関係を良く思わない者もいた。


西岡:「あらあらこんな所で何をしてるのかしら?」「イチコお姉さま!」


大黒:うわ!お姉さんついてきたのかよ!


西岡:「あなたにお似合いの彼氏ね。」「フタコお姉さま!」


大黒:うわ〜2人もお姉さんが来ちゃったよ!


西岡:「あなた自分のしてることがわかってるの?」「お母様!」


大黒:お母さんも来たのかよ!


西岡:「お前というやつは・・・何て娘だ!」「お父様!」


大黒:親父も・・・っていうか何人来てんだよ!


西岡:「お嬢様。早くお帰りください。旦那様が心配しております。」「じいや!」


大黒:執事もかよ!ていうか親父ここにいるだろ!


西岡:「お嬢様。私の料理を召し上がってください。」「シェフ!」


大黒:もはや意味がわからないよ!


西岡:そして時は流れた。ミツコはなんやかんやでエロ男と結婚することになった。


大黒:この急展開は何だよ!?いったい何があったんだよ!


西岡:それを聞いた大黒はミツコとエロ男のいる教会に走った。


大黒:おお!かっこいいじゃん!


西岡:途中で雨が降ってきた。大黒の顔にも雨がかかる。しかしそれが大黒の涙かどうかはわからない。


大黒:もういいじゃん!このままで行こうぜ!


西岡:走る大黒、降り続ける雨、濡れる新聞紙。


大黒:そうだ!新聞紙だったよ!すっかり忘れてたよ!


西岡:破れていく新聞紙。


大黒:それ超ヤバいよ!


西岡:人々の悲鳴をかき分け走る大黒。


大黒:そりゃそうだよな!


西岡:駆けつける警察。


大黒:そりゃ来ちゃうよな!


西岡:新聞紙を落とした大黒。


大黒:もうポロポロ垂れ流し状態だよ!


西岡:その時!「あの・・・この新聞紙落としましたよ。」


大黒:こいつ誰だよ!


西岡:「あ、すいませ・・・君が好きだ!結婚してくれ!」


大黒:ここで出会うなよ!ミツコはどうすんだよ!


西岡:こうして2人は永遠の愛を・・・


大黒:誓うな!ていうかこんな出会いのきっかけヤダよ!


西岡:一方教会では・・・「ミツコ。君のウエディングドレスのベールは夜になったら脱がすよ。」


大黒:エロ男の野郎!こいつ最低か!


西岡:その時!「ちょっと(クシュン!)待った!(クシュン!)その挙式(クシュン!)ちょっと待ったー!(クシュン!)」


大黒:俺かっこいいけどカゼひいてんじゃねえか!ダサすぎるわ!


西岡:「大黒さん!やっぱり来てくれたのね!うれしい!」感動するミツコ。


大黒:いいじゃん!いい感じだよ!


西岡:「お前・・・誰だ?!俺の童貞を奪いに来たのか?」憤慨するエロ男。


大黒:んな訳あるか!怒るポイントが違うんだよ!


西岡:「新婦。アナタは悩める時も新郎を愛すると誓いますか?」誓いの言葉を読む神父。


大黒:空気読めよ!真面目か!


西岡:「ミツコ!僕はこんな男だけど必ず君を幸せにする!結婚しよう!」


大黒:よし!決まった!


西岡:「・・・ッフフフ・・・ッハハハ・・・!」エロ男が不敵に笑う。


大黒:どういうことだ?まさかここで衝撃の事実が・・・


西岡:「この神父カタコトじゃん!『アナタは』って!ハハハ・・・」ツボにハマるエロ男。


大黒:だからこいつ何かズレてんだよ!ここは衝撃の事実を言うんだろ!


西岡:「フン!いい事を教えてやるよ。実はお前とミツコは実の兄妹なんだよ!」


大黒:マジかよ!


西岡:「ミツコが僕の妹・・・?そんなバカな・・・」大黒は泣き叫んだ。


大黒:まあショックだよな。


西岡:「お兄ちゃん・・・?大黒さんが私の・・・?」


大黒:まあミツコも驚くよな。


西岡:「それでも僕は君を・・・ミツコを愛し続ける!ミツコー!」大黒が叫んだ。


大黒:おお!もうこれで終われよ!


西岡:ミツコが答える。「え・・・?いや普通に考えて兄妹で結婚とかないでしょ。」


大黒:真面目か!ちょっと待てよ!これのどこがドロドロのドラマなんだよ!


西岡:まあお前の血液には負けるけどな。


大黒:そっちじゃねえよ!もういいよ!


2人:どうもありがとうございました!


漫才「大黒旅物語」

大黒:どうも!今回はちょっと自信がないネタです・・・温かい目で見てください。どうぞ!



大黒:どうも!ヘルシーライフです。


西岡:体に優しい漫才をあなたに!ヘルシーライフです!


大黒:今日も元気にヘルシーに頑張りましょう!


西岡:いや〜ぶらり途中下車したいね〜


大黒:いきなりどうしたんだよ!


西岡:最近旅番組にハマッてるんだよ!


大黒:あ〜確かに面白いよな。


西岡:だから今日は旅番組のナレーションをしたいなと思ってるんだけど・・・


大黒:あ〜別にいいんじゃない?


西岡:じゃあお前は旅人になって自分探しの旅をしてくれない?


大黒:何でだよ!普通の旅をさせろよ!

 


西岡:さあ!始まりました!「ぶらぶら途中下車の旅」!今回の旅人はヘルシーライフの大黒さんです!


大黒:どうも!今日はおもいっきり楽しむぞー!


西岡:それでは早速出発です!まずは朝8時に東京駅に集合です。


大黒:何で朝のラッシュ時に合わせちゃったんだよ!スケジュールを考えろよ!


西岡:早速腹ごしらえと行きますか!


大黒:お!いいじゃん!ここは駅弁なんか買っちゃって・・・


西岡:早速売店でお弁当を買いましょう!


大黒:う〜ん・・・迷うな〜


西岡:「おばちゃん!新聞!」「こっちはタバコ!」「このコーヒーいくら?」


大黒:めちゃくちゃ忙しいじゃねえか!そりゃラッシュ時だもんね!


西岡:早速駅弁を買いましょう。


大黒:じゃあこれを1つ・・・


西岡:「新聞は120円!タバコ300円!コーヒー120円!」


大黒:ほら見ろ!おばちゃん忙しすぎだろ!


西岡:こんなときは勝手に持っていきましょう!


大黒:ダメだよ!何で最初から犯罪犯しちゃうんだよ!ちゃんと買うよ!


西岡:そして電車に乗り込みます。「ちょっと押さないでよ!」「何してるのよ!」「グヘヘ・・・お尻気持ちいい・・・」


大黒:しまった!ラッシュ時だって忘れてたよ!あとチカンいるよな!


西岡:早速大黒さんは網棚の上に座りました。


大黒:どこ座ってんだよ!ていうかどんだけ満員なんだよ!


西岡:じゃあドアにつかまって・・・


大黒:ここはインドか!インドの人ってそうやって電車乗るけど!


西岡:じゃあ優先座席に座りました。


大黒:俺まだまだ若者だけど!まあいいや。


西岡:すると目の前におばあさんがやってきました。


大黒:ここは譲るべきだよな。


西岡:「すいませんが(ちょっと!)譲って(そこだけは・・・)いただけ(だからお尻は)ませんか?(胸はちょっと・・・)」


大黒:完全にチカンの被害にあってるよな!ある意味ひどい奴だな!


西岡:「あ、やっぱりいいです。お尻をもっとお願いできる?」


大黒:おばあさん完全にチカンのとりこになっちゃたよ!もう目的地に行けよ!


西岡:さあ!今日の目的地、六本木ヒルズに着きました!


大黒:近っ!もっと遠くまで行けよ!


西岡:今回の目的地、ブラックホールに着きました!


大黒:遠すぎ!人類が行けるわけねえだろ!


西岡:さあ!今回の目的地、島根県は出雲に着きました!


大黒:おお!いい所じゃん!


西岡:なお到着した大黒社長には援助金として5億円が送られます!


大黒:桃鉄か!


西岡:なお今回貧乏神がつくのはももたろ社長です。


大黒:桃鉄か!


西岡:さあ!大黒社長!次の目的地をルーレットで決めてください!


大黒:桃鉄か!もうそれはいいから!


西岡:では早速駅の周辺をぶらぶらしてみましょう。


大黒:何があるのか非常に楽しみです!


西岡:少し歩くと商店街が見えてきました。


大黒:お!なかなか昔ながらの風情が漂う商店街ですね。


西岡:早速お惣菜屋さんを発見しました。


大黒:お!いいにおいがしますね。


西岡:しかし近くに大型スーパーが出来た関係で昨年閉店しました・・・


大黒:あ〜残念でしたね。


西岡:次に洋服屋さんを発見しました。


大黒:あ〜こういうのも何かいい感じだよね。


西岡:しかし近くに「しまむら」「ユニクロ」の二大勢力に負け閉店してしまいました・・・


大黒:そっか・・・確かに両方とも結構安いからな・・・


西岡:そしてパン屋さんを発見!


大黒:お!今度こそは・・・


西岡:しかしこちらも大型スーパーに負けて・・・


大黒:ちょっと待てよ!何でさっきから閉まってばかりなんだよ!こんなシャッター商店街ヤダよ!


西岡:しかし大黒社長はこのパン屋を1000万円で購入した!


大黒:桃鉄はもういいよ!ちょっとは観光させろよ!


西岡:じゃあキャバクラにでも・・・


大黒:そんな大人な感じの観光はいいよ!もっと名所とか観光させろよ!


西岡:大黒さんは出雲大社に着きました。


大黒:おお!いいところじゃん!


西岡:ここ出雲大社は「縁結びの神様」として・・・何かすいませんでした。


大黒:何で変に気を使うんだよ!別にいいよ!


西岡:また11月には全国の神様がここ出雲大社に集まるそうです。


大黒:へぇ〜そうなんですか。


西岡:ここから11月は神がいない月ということで「神無月」という名前がついたそうです。


大黒:いいよ!そういうの欲しかったんだよ!


西岡:ここに集まる神様は様々いますが代表的なものを紹介します。


大黒:よろしくお願いします。


西岡:まずはシヴァ神。


大黒:それ外国の神様だから!日本だろ?!


西岡:それにエヴァ。これは日本では一部の人に神とあがめられてます。


大黒:完全にエヴァンゲリオンだろ!あと一部の人って完全にマニアだろ!


西岡:それにモンスターエンジンなども来ますね。


大黒:あれはそういうネタなの!あの人たちは神じゃないから!


西岡:それにぺチェット・ポンチーノ神も来ますね。


大黒:そいつ何者だよ!


西岡:彼は「テレビのリモコンどこだっけ?」って時にすぐに探し出してくれる神。


大黒:ショボいんだよ!そんなやついらねえよ!


西岡:おや?大黒さん?どうやら旅の疲れが出てきたみたいですね?


大黒:まあ違う疲れもあるけど・・・


西岡:では早速家に帰りましょう!はい!今日は撤収!


大黒:何でまた旅をさせるんだよ!宿に連れてけよ!


西岡:それでは今日のお宿はこちらです!


大黒:おお!なかなかの所じゃん!


西岡:ここは県内でも有数の超高級ネットカフェです!


大黒:どこ泊める気だよ!もっと普通の宿にしてくれよ!


西岡:こちらのホテルです!


大黒:おお!結構いい感じじゃん!


西岡:そしてこちらが噂の美人女将です!


大黒:うわ〜本当にきれいですね!


西岡:「ようこそいらっしゃいました!当旅館は最高級のサービスでお客様をおもてなしします!」


大黒:楽しみだな〜


西岡:「というのが女将の遺言でした・・・」


大黒:あんた誰だよ!しかも女将さん死んでるの?!


西岡:そしてそんなこんなで部屋に案内された大黒さん。


大黒:何があったかものすごく気になるわ!


西岡:この旅館は部屋がすごいんですよ!


大黒:どういう風に?


西岡:まず窓から海が一望できるんですよ!


大黒:いいじゃん!いわゆるオーシャンビューってやつか!


西岡:あと部屋は風呂付きトイレ別で3LDK。それで家賃8000円です!


大黒:何で不動産広告みたいになってんだよ!あと家賃が破格の安さ!


西岡:もちろん見知らぬ同居人が5人セットでオプションとしてついてきますよ。


大黒:ヤダよ!絶対ヤダよ!


西岡:それに貧乏神がキングボンビーになる瞬間を間近で見れます!


大黒:桃鉄!もういいから!


西岡:それに神々の遊びを見れますよ!


大黒:それももういいよ!


西岡:さてここでいよいよ温泉に入りましょう!


大黒:やっぱり旅といえば温泉だよな!


西岡:早速温泉に向かう大黒さん。ここで大黒さんが見たものは・・・!


大黒:何だよ?


西岡:あの女将の死体だ!


大黒:何でだよ!どういう展開なんだよ?!


西岡:そしてこの死体を皮切りに始まる謎の連続殺人事件・・・果たして大黒はこの謎が解けるか・・・?


大黒:何でちょっとサスペンスになってんだよ!もう温泉はいいや。


西岡:え〜ここの名物「何かふわぁ〜となる温泉」はいいんですか?


大黒:そのネーミングがめちゃくちゃ気になるんだよ!それより温泉の次はアレだろ?


西岡:おやおや大黒さんちょっと焦りすぎでは?ちゃんとキャバクラは手配してありますから大丈夫ですよ!


大黒:違うよ!俺どんだけ女好きなんだよ!ご飯だよ!ご飯!


西岡:今日の夕飯はこの旅館自慢の懐石料理です。


大黒:おお!いいじゃん!


西岡:しかし板前さんが「こんな日に料理はしない!」と言ってなかなか料理が来ません。


大黒:マジかよ!何でだよ!


西岡:厨房の人の話では「愛用の包丁を隠された」との事です。


大黒:小学生か!完全にイジメじゃねえか!もうご飯はいいから寝るわ。


西岡:さ〜ここからは夜のお楽しみですね。


大黒:うるせえよ!


西岡:さすが大黒さん!早速ペイチャンネルを見ています!


大黒:いちいちうるせえよ!でもチャンネルが・・・


西岡:ほらよ。チャンネルだぜ。


大黒:お前誰だよ!


西岡:ぺチェット・ポンチーノだよ。


大黒:ここで出てきた!


西岡:さあさあ一緒に見ようぜ!相棒!


大黒:ウゼぇ!こんなキャラかよ!


西岡:さあ〜大黒さんは完全に寝てしまいましたね。


大黒:・・・う〜ん・・・何か寝苦しいな〜


西岡:・・・うらめしや〜


大黒:おい!もしかして・・・


西岡:お前か〜お前が私を〜


大黒:うわー!本当に出たー!


西岡:フフフ・・・ハー八ッハッハ!ひっかかった!


大黒:何だよ!ドッキリかよ!びっくりさせるなよ!


西岡:じゃあそろそろ成仏するか・・・じゃあな!


大黒:結局本物かよ!もういいよ!


2人:どうもありがとうございました!

続きを読む >>

漫才「どらごんくえすと」

大黒:どうも!今回のネタはちょっと変わったネタです。


どんなネタかは見てのお楽しみに!それではどうぞ!




大黒:どうも!ヘルシーライフです。


西岡:体に優しい漫才をあなたに!ヘルシーライフです!


大黒:今日も元気にヘルシーに頑張りましょう!


西岡:ちょっと聞いてくれよ!


大黒:どうしたんだよ?


西岡:俺この前ドラクエ買っちゃったんだよ!


大黒:マジかよ!あのドラクエかよ!今めちゃめちゃ売れてるあのドラクエ9かよ!


西岡:いや1だよ。


大黒:1かよ!もはやファミコンじゃねえか!


西岡:いや〜めちゃくちゃ面白いんだよ!


大黒:そうなんだ。


西岡:だから今日はそのRPGの世界をここで再現してみたいんだよ!


大黒:あ〜まあいいけど・・・


西岡:じゃあ俺が勇者やるからお前は王様になってくれ。


大黒:それで?


西岡:それでお前は俺にドラゴンを退治するように頼んでくれるか?


大黒:よし。いいだろう。

 


大黒:おお!お前があの有名な勇者か。


西岡:はい。私があの有名な勇者です。


大黒:自分で言うなよ!まあいいや。今日はお前さんにドラゴンを倒してもらいたくて来てもらったのだ。


西岡:わかりました。ところでバイト代はいくら出ますか?


大黒:なんでバイト感覚なんだよ!


西岡:しかしドラゴンですか・・・これは大変だな・・・


大黒:それで早速だがシフトを出していたただきたい。


西岡:何であんたもバイト感覚なんだよ!ちゃんとやれよ!


大黒:ということでドラゴンを倒していただきたいがどうだ?


西岡:わかりました。それでは早速荒木・井端の1・2番コンビの弱点を研究します。


大黒:何でドラゴンズなんだよ!ドラゴンを倒せよ!


西岡:とにかくドラゴンを倒せばいいんですね?


大黒:そうだ。それでは早速日本ハムの監督になって・・・


西岡:だからドラゴンズじゃねえよ!しかも日本ハムならリーグ違うからほとんど当たらねえだろ!


大黒:とにかくドラゴンを早く倒してくれ!私の娘がドラゴンに捕まっているんだ!


西岡:そうですか・・・ではもし娘さんを助けたら娘さんとこの国は私のものに・・・


大黒:やらしいんだよ!そんな勇者ヤダよ!


西岡:とにかく娘さんはこの私が助けます!


大黒:頼むぞ。その前にこのビデオを返してきてくれないか?延滞料金が・・・・


西岡:どうでもいいわ!タイミングを考えろよ!


大黒:まあ最悪ビデオだけでも頼んだぞ。


西岡:よくねえよ!ちょっとは娘を心配しろよ!


大黒:まあとにかく次のシーンに行こうか。


西岡:じゃあ次はダンジョンに入るシーンだな。


大黒:じゃあお前が入れよ。


西岡:わかった。(ウィーン)


大黒:何で自動ドアがついてるんだよ!もういいよ!俺が入るよ!


西岡:おう!入ってみろよ!


大黒:(カランコロンカラン)


西岡:何かちょっと昔の喫茶店っぽいな!代われ!(ガラガラ)開いてるかい?


大黒:だから何でちょっと居酒屋っぽくなってるんだよ!代われ!(バリーン!)マスター!いつもの!


西岡:何ぶち壊したんだよ!あと頼んでる場合じゃねえだろ!


大黒:そしてここで敵が現れるんだよ!例えば・・・スライムとか!


西岡:「勇者の前に細かく切り刻まれたものが現れた!」


大黒:・・・それってスライスだろ!スライムだって!代われ!「勇者の前に縦じまが現れた!」


西岡:それはストライプだろ!代われ!「勇者の前に笑顔が現れた!」


大黒:スマイルだろ!ここはマクドナルドか!代われ!「勇者の前に謎の男が現れた!」


西岡:おお!そういう感じだよ!


大黒:「男の名前は桜木 花道だ!」


西岡:スラムダンク!何か夢のコラボしちゃったよ!


大黒:そして敵を倒してレベルアップするんだよ!


西岡:「勇者はレベルが上がった!化粧のノリが良くなった!色気が出てきた!服のセンスが良くなった!」


大黒:何で女子としてのレベルが上がったんだよ!代われ!「勇者はレベルが上がった!ピーマンを残さずに食べれるようになった!」


西岡:子供じゃねえか!うれしくねえよ!


大黒:それでいよいよドラゴンと対決するんだよな。


西岡:「フハハ・・・このドラゴンを助けたくば私を倒してごらんなさい!」


大黒:姫とドラゴンの立場が逆なんだよ!代われ!「この姫を助けたくば私に勝ってみろ!ジャンケンでな!」


西岡:対決内容がショボ過ぎるわ!代われ!「お前ごときが私に勝てるかな?」


大黒:お前なんかすぐに倒してやる!


西岡:「だがな私はこの洞窟に300年間いたんだぞ。だから足腰は弱いし、目も悪い。それでも私を倒せるかな?」


大黒:卑怯だな!そんなドラゴンはヤダよ!代われ!「お前ごときが私に勝てるかな?」


西岡:お前なんかすぐに倒してやる!


大黒:「だがな私は何百何千という勇者に病院送りにされたんだぞ!」


西岡:されてんのかよ!弱すぎるわ!代われ!「この姫を助けたくば荒木・井端の1・2番コンビを・・・」


大黒:もうドラゴンズはいいよ!いい加減にしろ!


2人:どうもありがとうございました!

続きを読む >>

漫才「大黒恋物語2」

大黒:こんばんは!夜も遅くに大黒です(笑)今回は復帰後に書いた実質最初のネタですね。


単独についてはこの後に詳しくお話します!それではネタをどうぞ!




大黒:どうも!ヘルシーライフです。


西岡:体に優しい漫才をあなたに!ヘルシーライフです!


大黒:今日も元気にヘルシーに頑張りましょう!ちょっと聞いてくれよ!


西岡:何だよ?


大黒また最近ドラマにはまってるんだよ!


西岡:今度はどんなドラマだ?


大黒:学校を舞台にした恋愛物なんだけど生徒と先生の禁断の恋を描いた物語だよ!


西岡:早く教えろよ!


大黒:今言ったよ!とにかくそういうドラマをやりたいんだよ!


西岡:今日はそんなお前のために台本を書いてきたから。


大黒:マジかよ!本当にヒマ人だな。


西岡:いやいやヒマな事ないよ。やることがなかっただけだよ!


大黒:それをヒマっていうんだよ!とにかく聞かせてくれよ!


西岡:じゃあまずは役柄から。お前は主人公の生徒役な。


大黒:なるほど。


西岡:それでお前の恋の相手となる先生。この先生は英語の先生。


大黒:おう!いいじゃん!


西岡:そして主人公であるお前の親友、ゲス男。


大黒:何て名前だよ!


西岡:語尾には「ゲス」を付ける。


大黒:そんな親友ヤダよ!


西岡:それでは本編に入るぞ。


大黒:わかった。


西岡:主人公の大黒は近所の幼稚園にいるごく普通の子供。


大黒:年齢設定おかしすぎだろ!せめて高校生にしろよ!


西岡:じゃあ大黒は普通の高校生。そんな大黒の学校に新しい先生が来た。


大黒:それが俺の・・・


西岡:そう!新しい校長先生が来た!


大黒:何で自分の設定無視してんだよ!しかも校長だとほとんど会わないだろ!


西岡:新しい英語の先生、メグミ先生は大黒のクラスにやってきた。


大黒:おお!やったー!


西岡:しかしお調子者の男子達がメグミ先生を冷やかす。


大黒:まあ・・・よくあるよな・・・


西岡:「先生って彼氏いるの〜?」「先生はおいくつなの?」「先生のスリーサイズを教えてくれゲス!」


大黒:最後絶対ゲス男だよな!何してんだよ!


西岡:その時大黒が言った!「おい!みんなやめろよ!先生は英語の先生なんだから英語で聞けよ!」


大黒:いやそういうことじゃねえだろ!冷やかしをやめさせろよ!


西岡:そのとき大黒が言った!「僕と・・・僕と結婚してください!」


大黒:早い早い!急展開にも程があるわ!


西岡:そしてその日の放課後に大黒はメグミ先生の所に質問に行った。


大黒:それで?


西岡:「先生!この単語の意味がわかりません!」「どの単語なの?」


大黒:あ〜ここから2人の関係が発展するんだよな〜


西岡:「あら!この単語は『私はあなたが好きです』よ。」


大黒:お!何か意味深じゃん!


西岡:「じゃあこれは?」「『私はあなたを一生幸せにする』よ。」


大黒:何かちょっと狙ってるだろ?!


西岡:「じゃあこれは?」「『私は性欲のかたまりです。もう我慢できません!』よ。」


大黒:どんな例文だよ!しかも先生もサラッと言うなよ!


西岡:こうして大黒とメグミ先生の仲はどんどん縮まった。そしてついに付き合うことになった。


大黒:こんなきっかけヤダよ!


西岡:そしてついに大黒は先生に告白することにした。


大黒:いいじゃん!いい感じだよ!


西岡:「先生!僕は先生が好きです!付き合ってください!」


大黒:それで先生の答えは?!


西岡:「大黒君!今は授業中だから静かにしてね。」


大黒:何でよりによって授業中なんだよ!ちょっとはタイミング考えろよ!


西岡:「まさか本当に告白するなんて・・・驚きでゲス!」


大黒:何でゲス男が出て来るんだよ!


西岡:「昨日大黒と勝負して負けた方がメグミ先生に告白するって冗談で言ったはずでゲス!」


大黒:何で罰ゲームみたいになってんだよ!先生かわいそうだろ!


西岡:そして大黒とメグミ先生はデートに出かけた。


大黒:おお!いいじゃん


西岡:2人はまず映画を見ることにした。場所はもちろん学校の視聴覚室だ。


大黒:うんうん。


西岡:そして食事をすることに。場所はもちろん給食室。


大黒:それで?


西岡:最後は保健室で・・・これ以上はちょっと・・・


大黒:最後何してんだよ!あと何で全部学校の中なんだよ!


西岡:そして大黒はメグミ先生にプロポーズすることにした。


大黒:いよいよ盛り上がるところだな。


西岡:「先生!僕と結婚してください!一生幸せにしますから!」


大黒:それで先生の答えは?


西岡:「大黒君?今は職員会議中だから・・・また後でいいかな?」


大黒:だからタイミングを考えろよ!完全にバカだろ!


西岡:その後も2人は順調に愛を育んだがある日突然悲劇が訪れる!


大黒:まさか・・・


西岡:大黒が英語で赤点を取ってしまった!


大黒:どうでもいいよ!もっと勉強しろよ!こういうときは2人の関係が学校にバレるんだよ!


西岡:2人の関係が学校にバレてしまった!


大黒:でも何でバレたんだろ?まあ職員会議中にプロポーズしたらばれるよな・・・


西岡:「俺がやったんでゲス!」


大黒:ゲス男かよ!こいつマジで親友か?


西岡:「俺もメグミ先生が好きだったゲス!」


大黒:お前もかよ!ただの嫉妬かよ!


西岡:「でも本当は・・・大黒が俺の消しゴムの角を全部削りやがったからでゲス!」


大黒:そんなことかよ!くだらねえ理由だな!


西岡:翌日。大黒たちの学校で緊急の全校集会が行われた。


大黒:ますますヤバイな・・・


西岡:メグミ先生が壇上に上がった。しかし心無いヤジが容赦なく飛ぶ。


大黒:まあ仕方ないよな・・・


西岡:「何て事をしたんだ!」「教師として恥を知れ!」「今日のパンツの色は何色でゲスか?」


大黒:もうゲス男出てくんな!とことん最低なやつだな!


西岡:そのとき大黒が壇上に上がった!


大黒:おお!ちゃんと決めろよ!


西岡:「皆さん!僕の話を聞いてください!先生は悪くないんです!僕が無理矢理付き合ったんだ!僕が悪いんです!」


大黒:よし!完全に決まったな!


西岡:そしてメグミ先生の口から最後の言葉が・・・


大黒:何て言ったんだよ!


西岡:「大黒君・・・1つだけあなたに言ってなかったことがあるの。」


大黒:何だよ?まさか妊娠したとか・・・


西岡:「実は・・・今度の期末テストの範囲が少し長くなったの・・・」


大黒:どうでもいいよ!


西岡:「何で消しゴムの角を全部削ったんでゲスか?」


大黒:もうゲス男はどっか行け!何だよ!この話は?!


西岡:まあ・・・あまり角が立たなかったから良かったじゃん!


大黒:うるせえよ!いい加減にしろ!


2人:どうもありがとうございました!

続きを読む >>

calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< January 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
  • 一夜限りのヘルシーライフ復活祭!!!第1回単独ライブ!!!
    春乃 (03/16)
  • 一夜限りのヘルシーライフ復活祭!!!第1回単独ライブ!!!
    美和 (12/22)
  • 一夜限りのヘルシーライフ復活祭!!!第1回単独ライブ!!!
    Wax (12/22)
  • 一夜限りのヘルシーライフ復活祭!!!第1回単独ライブ!!!
    リュカ (11/20)
  • 一夜限りのヘルシーライフ復活祭!!!第1回単独ライブ!!!
    湊 (11/20)
  • 一夜限りのヘルシーライフ復活祭!!!第1回単独ライブ!!!
    後藤○○の後藤です! (11/20)
  • 一夜限りのヘルシーライフ復活祭!!!第1回単独ライブ!!!
    時夜 (11/19)
  • 漫才「大黒格闘物語」
    あかね (10/27)
  • 漫才「大黒格闘物語」
    リュカ (10/14)
  • 漫才「大黒格闘物語」
    らぶ (10/12)
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM